キャッシングの利用方法

手元に現金がないときに心強いのがキャッシング。

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - |

    大学授業料も公共料金も、クレジットカードで

    0

      NTTスマートトレードが2018年9月3日、大学の授業料や公共料金をクレジットカードで支払うことができる「学費公共スマート払い」サービスを開始しました。
      これは大学の授業料をクレジットカードで銀行振込ができるという日本初のサービスとなっています。

      学費スマート払い

      この「学費公共スマート払い」サービスは、資金決算法に基づく「資金移動(送金)サービス」にあたるのだそうで、ATMやインターネットによる授業料の支払いを認めている学校の指定口座にNTTスマートトレード「学費公共スマート払い」Webサイトで手続きするだけでクレジットカードによる振込みが可能になるのだそうで、利用には送金手数料2.9%がかかります。

      通常のクレジットカードによる決算と異なり、利用者側には送金手数料として2.9%がかかるというのが、ちょっとネックとなるのですが、これはクレジットカードのキャッシング枠ではなく、ショッピング枠を利用することになるので、カードによるショッピングと同様、ポイントが付与されるのだとか。

      そして、実際の支払いは後日カード会社から請求され、利用者の口座から引き落としされることになりますから、送金手数料がかかるとはいえ、ポイントがたっぷりつくクレジットカードであれば、あまり損した気分にはならず、かえってクレジット払いのほうがラクになりますよね。

      また、学費のほかにも、法人の公共料金(電気・ガス・水道料金)についてもインターネットを通じ、指定口座にクレジットカードで支払いできるようで、こちらも先ほどと同じように利用者側には、送金手数料2.9%がかかります。

      公共料金

      とはいえ、1回の支払いの上限額があって、学費が100万円、公共料金が30万円となっており、原則として、利用手続きの翌々営業日にNTTスマートトレードが指定の銀行口座に指定金額を振り込む形となります。

      振込人名義は利用者の名前になり、受取人の通帳には振込人の名義として利用者の名前だけが記載されるようで、カードの利用明細は「NTTガクヒスマートハライ」または「NTTコウキョウスマートハライ」と記載されるのだとか。

      まぁ、手数料が気になるとは言え、どんなサービスでもタダで使えるなんてありませんから、上手に使ってみたいものですね。

      | creditofactor | クレジット | 13:54 | comments(0) | - |

      リボ払いには注意しましょう

      0

        リボルビング払い、いわゆる「リボ払い」には気をつけましょうね。

        そもそもこのリボ払いというのは。クレジットカードの支払方法の1つで、毎月の支払額があらかじめ決められているというもので、毎月のお支払い金額をほぼ一定にし、月々の負担を軽くできる便利なお支払い方法と言えば聞こえがいいのですが、実はこれは曲者だったりします。

        クレジットカード

        毎月の支払いを一定額に抑えることによって、買い物がしやすく支払いの計画が立てやすいというメリットがあるとはいえ、計画をしっかりと考えておかないと支払残高がどんどんと増えていくだけでなく、支払期間が延びたり、毎月の支払額が増えるという恐ろしい目にも遭いかねません。

        というのも、リボ払いの計算方法が、「残高」と「返済までの日数」で計算されるため、残高が減らず返済が伸びると利息が増えていくということになります。

        「支払額が一定」ということを考えると便利だしわかりやすいなんて思ってしまいますが、重要なのは一定額のうち15%ほどの金利で手数料がとられ、その手数料をひいたお金が元金の支払いにあてられるということで、カードを使えば使うほど残高は上がるので、15%の手数料の額も増えていきます。

        例えば10万円の商品を購入して、月々1万円のリボ払いをしたとしましょう。

        そうすると手数料率によっても多少変わってきますが、先のリボ払いであれば、11ヶ月目で完済することができるのですが、大体手数料として総額7千円〜8千円程度かかることになります。

        10万円の支払いで、7千円台の手数料がかかるってなかなかの金額だと思いませんか?

        まぁ、ちょっと高いなぁくらいは思いますが、そこまで気にならない人もいるかも知れません。
        しかし、問題は、このリボ払いの期間中に、さらにリボ払いでモノを買ってしまうことです。

        新しく買ったモノの支払いは、残りの残金にプラスされることになり、支払い回数がさらに伸びることになります。

        そうなると、月々1万円の支払いは変わらないのですが、その中の支払内訳が大きく変化します。

        例えば手数料率が15%だったとすると、最初の買い物については、手数料として1233円取られ、残りの残金が91,233円となります。

        翌月さらに10万円の商品を購入した場合、リボ払いの残金は先の91,233円にプラス10万円で191,233円となります。

        そうすると2回目の支払いでは1万円の支払いのうち手数料が2,357円となり、残金を減らすための支払いがたったの7,643円だけしかないんです。

        つまり、リボ払いしている最中にリボ払いを増やしてしまうと、手数料がどんどんと膨れ上がり、残金を減らすための金額が減っていってしまうんです。

        つまり金利手数料にあてる割合のほうが増えていくということですので、借金地獄にはまってしまうということになります。

        いわゆる「返しても返しても金利分を支払っているだけ」なんていう恐ろしい羽目になるんです。

        このように金利とは恐ろしいものですから、お金に関しての知識だけは持っておかなければ痛い目をみることになります。

        | creditofactor | クレジット | 12:54 | comments(0) | - |

        住宅ローン手数料を一部上げ

        0

          十六銀行が、住宅ローンの手数料を一部引き上げるようですよ。

          十六銀行

          対象となるのは店舗の窓口で一部繰り上げ返済する場合のようで、現在の0円〜5400円を2018年10月1日から一律6480円にするのだそうで、インターネットバンキングを利用すれば、返済する元本に関係なく手数料は無料になるようです。

          これは、利用者をネットに誘導し、店舗の事務負担を軽減するのが目的のようで、実際、住宅ローンを一部繰り上げ返済するのにかかる手数料は、返済する元金が30万円以上だと無料、30万円未満は3240〜5400円でした。

          現在、十六銀行では住宅ローンを繰り上げ返済する利用者の6〜7割が窓口を使っているのだそうで、今後も10月1日付で、そのほかの個人向けローンにかかる手数料なども見直すようです。

          法人向けでは給与振込手数料などを大手銀行並みの水準に引き上げる予定のようで、これで景気が上向いているといえるのでしょうかね?

          | creditofactor | おまとめローン | 16:02 | comments(0) | - |