キャッシングの利用方法

手元に現金がないときに心強いのがキャッシング。

WEBでもできるキャッシング

0

    キャッシングはWEBのみで済ませることができるのです。

    とはいえ、WEB完結に対応している中堅以下の小規模業者はほとんどなく、どうしても大手から中堅までの業者が中心になってしまいます。

    お金

    どんなキャッシング業者でもネットだけで済ませられるわけでは無いですが、大手企業であれば、ほとんどが提供しているといってもいいでしょう。
    大手は予算をかけることができますからね。

    WEBでキャッシングできることのメリットの1番と言えば、部屋から一歩も出ることなくお金を借りることができること。

    ちょっとの間で借り入れや返済が簡単にできるというのは大変便利で、ここぞというときに大変重宝します。

    このごろよく聞くのは、スマホ以外は使わなくていいというキャッシング会社で、最初はスマホで、本人確認は写真の送信でOKで、ひととおりの審査のあと、自分の口座に振り込まれるのを待つだけという完結なシステムが増えてきています。

    アプリ対応の会社であれば、本当なら面倒なはずの手続きも簡単に完結します。

    一般的にキャッシングは正社員でなければできないように思われがちですが、アルバイトやパートの方でも収入があればお金を借りることができます。

    そもそも今の日本では終身雇用制なんて死語といっても過言ではありませんから・・・。

    きちんと毎月一定の収入を得ていれば、月々の返済がきちんとできるとみなされるため、審査に通り、融資を受けることができます。

    とはいえ、審査に通ったからといって、身の丈にあった範囲でキャッシングを利用するようにしないと返済に追われることになり、苦しい立場に置かれる危険性もあります。

    手軽に借りれたからといって、つい忘れがちになるのですが、キャッシングはあくまでも借金なので、返済できずにいると大変なことになります。

    ですので、キャッシングでお金を借りる前に、キャッシング業者のことを見比べて、きちんと選びましょう。

    一番大切なのは金利ですが、返済の方法、延滞時の遅延損害金なども調べておきましょう。

    しっかり返せているときはいいのですが、いざお金を返せなくなったという場合に損害金のことなどを知っていないと後々困ることになります。

    期限が過ぎてしまうと、遅延損害金を払わされる羽目に陥りますし、返済を求める連絡を受けつけないと、訴えられるこもありますからね。

    ですので返済予定日がすぎてしまったら、すぐに連絡し、返すのが遅れただけだと伝えておきましょう。

    初めて使う人限定とはなりますが、期間限定で金利がゼロになるところもあります。

    大手の銀行系キャッシング会社なら、それほど金利も高くなく、初めての方でも安心して利用できるはずです。<

    審査が厳しい銀行系が行っているようなキャッシングでは利用しにくい場合、できるだけみんなが知ってるようなキャッシング業者を利用するとよいでしょう。
    もちろん事前に評判をリサーチするのも欠くことができませんよ。

    業者によって、審査基準は少しずつ異なり、審査が厳しい業者と簡単なところがあります。
    多くの金融業者は、審査の厳しいところの方が低金利などの利点があると思っていてください。

    | creditofactor | キャッシング | 14:26 | comments(0) | - |

    キャッシングにはご用心

    0

      大抵のクレジットカードには「ショッピング枠」と「キャッシング枠」があり、それぞれに利用限度額が設定されています。

      キャッシングの場合、ATM端末などでクレジットカードを差し込み、キャッシング機能を選択することによって限度額以内であれば希望金額を借りることができ、さらに返済方法を指定することになります。

      驚く女性

      気をつけなければならないのは、ショッピングの場合であれば、一回払いを選ぶと商品と同じ額だけを支払うだけで利息はかからないのですが、キャッシングの場合、一回払いだとしても利息を取られてしまいます。

      キャッシングの場合、年15〜18%の金利を設定してる場合が多いですから、借りた金額の1.5%〜1.8%の利息が必要になると考えておいてください。

      キャッシングの場合、一回払いであってもこれくらいの利息が取られるのですから、リボ払いなんて選んでしまったら、とんでもないことになります。

      一見、返す金額が目に見えてわかりますので、便利なように思えますが、これが大誤算。
      リボ払いで毎月支払う手数料の計算は、「利用残高×手数料率÷365日×30日」となっていて、例えば、20万円を毎月5千円のリボ払いにした場合、手数料率が15%だったとすると、総額で25万914円支払うことになり、手数料だけで5万円強も取られてしまうのです。

      毎月の支払いが5千円だから楽だなんて思っていてはいけませんよ。

      | creditofactor | キャッシング | 17:55 | comments(0) | - |

      割賦販売法が規定している分割払い

      0

        商品やサービスの代金を何回かに分けて支払う販売方法のことを割賦販売というのですが、支払い方法や割賦金利などの点において複雑な契約となるため、利用者が不利益を被らないように、割賦販売法でそのルールが決められています。

        分割払いと言えば、すぐさまクレジットカードを思い出すかと思いますが、実は割賦販売法で規制されているものは、クレジットカードのみならず、適用される取引は5つあります。

        割賦販売

        一般的には1番知られているであろう販売方法で、商品やサービスなどの代金を分割して支払う売買形態で、売主と買主の間で直接的に販売が行われるので、自社割賦とよばれる。

        ローン提携販売

        提携金融機関を介しての販売形態で、買主が提携金融期間からお金を借りて、売主に支払う形式で、売主が買主のローン返済を保証するのが特徴となっています。

        包括信用購入あっせん

        商品やサービスの提供を受ける際、売主と買主との間に信販会社が介在し、代金支払の取り扱いを代行する場合のことを「信用購入あっせん」といって、このうちクレジットカードなどを使い、限度額のなかで信販会社が与信、つまり包括的に信用を与え代金の支払時期を商品などの引き渡し時期よりも遅らせるようなタイプのことを包括信用購入あっせんといいます。

        個別信用購入あっせん

        クレジットカードなどを使用せず、商品やサービスを購入するたびに契約し、信販会社が買主に与信を行うもので、クレジット契約、ショッピングローンと呼ばれています。

        前払式特定取引

        経済産業大臣の許可を受けた特定の事業者に対し、会費などの名目で代金を支払うことにより、特定の商品やサービスの提供を受けることができる取引のこと。

        | creditofactor | クレジット | 16:05 | comments(0) | - |